野球のルール!アピールアウトにはルールの盲点がある!!

アピールアウト(アピールプレイ)について書いていきたいと思います!

アピールアウト(アピールプレイ)自体は、ごく当たり前のルールですが、
そこにはレアなルールがあったりします。

知らないと思わぬ落とし穴があるので、しっかり覚えておきたいですね!

アピールプレイとは、
・ランナーが進塁の際に塁を踏み忘れる
・フライが捕球された時に正しく帰塁しなかったとき
・ランナーがホームベースに回り込む際のオーバーランなど
 審判がそのアピールを認めた場合ランナーはアウトとなり、
 本塁に生還していた場合でもその得点は取り消されます。

これくらいのことなら誰でも知ってる当然のルールだと思います。

しかし、ここからが意外と知られていないルールだったりします。

第3アウトの置き換え

例えば

2アウトランナー2塁、打者がセンター前ヒットを打ったとします。
当然2塁ランナーは3塁を回ってそのまま本塁まで帰ってきます!

しかし、

打者はバックホームされるであろうと思い2塁へ進塁を試みるが、
2塁でタッチアウトになってしまったとします。

この場合、打者が2塁でタッチアウトになる前に、
2塁にいたランナーが本塁に生還していれば、得点が認められます。

ところが、

仮にここで生還した2塁ランナーが3塁を踏み忘れていた場合

この踏み忘れに守備側が気付き生還したランナーもしくは
サードベースにタッチして、3塁の踏み忘れを審判にアピールすることで
打者が2塁でタッチアウトになるよりも前に生還した2塁ランナーが
アウトになった方が得点が取り消され、守備側に有利になるため、
3つ目のアウトを置き換えることが可能となります。

これが第3アウトの置き換えです!

数年に一度しか起きないような稀なプレーですが、
知っておいた方が良いルールの一つです。

なぜなら実際にこんな事例がありました。

2012年の夏の甲子園で行われた「済々黌高校 対 鳴門高校」
の試合で起きました。

この試合の7回裏、済々黌高校の攻撃で1アウト
ランナー1塁・3塁のチャンスを迎えました。

済々黌高校のとった作戦はヒットエンドラン!

しかし、

打者の打った打球はショートライナー、1塁ランナーは飛び出してしまい 
帰塁するのをあきらめてしまいました。

ボールはゆっくりと1塁に送球され、3アウトチェンジとなったのです。

ところが鳴門高校の選手が全員ベンチに引き揚げ
8回の攻撃に備えている時にスコアボードに「1」が刻れたのです。

飛び出してしまった1塁ランナーがアウトになる前に、
3塁ランナーが先に生還していたため得点になっていたのです。

アピール権は野手が全てファ-ルラインを越えてしまうと、
権利を放棄したとみなされ得点が認められてしまうのです。

今回は本当にレアなケースではありますが、知るか知らないで
大きな違いが出てきますね!!

野球選手であれば1点の重みを知っていることだと思います。

是非参考にしていただけたらと思います。

整体院エイト
http://seitai-eight.com
050-5243-4697
facebookページ
https://www.facebook.com/seitaieight/
潜在能力開放メソッドエイトマスターメソッドについて
http://seitai-eight.com/eightmastermethod/
LINE@はじめました
友だち追加

今後、当院のイベントやエイトマスターメソッドなどの情報を発信していきます。

良ければご登録ください。
ご相談・ご予約も承ります。