許せない ~大阪 三国 腰痛根本改善 整体院エイト~

こんにちは

 

整体院エイト 院長の原です。

 

昨日、東京の目黒区で5歳の幼女が虐待死したとのニュースを見ました。

虐待を受けている子たちに多い、血のつながっていない親との関係。

 

何が衝撃を受けたのかというと、5歳の子が朝の4時に目覚ましを鳴らして書き取りの練習をさせられていたこと。

また、書いていた内容を見ただけで涙が出そうになりました。

 

5歳の子が、

「ママ もうパパとママにいわれなくても しっかりとじぶんから きょうよりかもっと あしたはできるようにするから

もうおねがいゆるして ゆるしてください おねがいします

ほんとうにもうおなじことはしません ゆるして きのうぜんぜんできなかったことこれまでまいにちやってきたことをなおす

これまでどんだけあほみたいにあそんだか あそぶってあほみたいだからやめる もうぜったいぜったいやらないからね ぜったいやくそくします

もう あしたはぜったいやるんだぞとおもって いっしょうけんめいやる やるぞ」って、

こんなことを書かないといけない状況って普通に考えてあり得ないことです。

しかも、死亡時の体重が12kg. . .

 

 

昨夜のニュースでは、食事に関しても、朝、スープ、昼ごはん少量に味噌汁少し、夜、ごはんのみ。

どう考えても、この時期の子供には絶対的に栄養分が不足していることが分かるはずです。

それなのに、母親は自分の立場を気にして我が子を見捨てた。

ホンマに許されへん!

 

目のクリっとした可愛いいでたちの女の子が、わずか5年という年月で命をなくす。

子供は、自分が幸せになれる親を自分で選んで生まれてきます。

お母さんも10ヶ月という期間おなかの中で我が子の成長をずっと感じているはずです。

命をかけて育て、命をかけて出産するはずです。

 

それやのに . . .

自分の立場が悪くなるから虐待を受けている我が子を見捨てるって . . .

母親の前に人としてどうかしてると思います。

 

ここ数年、このような幼子が虐待死をしている事件をよく目にします。

年齢の近い子を持つ親として、「なんで我が子を虐待できるんやろ?」って不思議でなりません。

子供は子供で、自分なりに一生懸命学び成長していっていると思います。

その中で、うまくいかないことは多々あるはずです。

 

その失敗を繰り返して大きくなっていくのですから、私たち親が寄り添ってあげなくては、

子供は成長を止めてしまいます。

 

このブログを書いていても、今回の事件に対する怒りがおさまりません。

わずか5年という歳月で尊い命をなくしてしまった結愛ちゃん、次産まれてくるときは、

優しい親の元に産まれてきてくれたらと切に願がいます。

 

ゆっくりと休んでくださいね。

 

 

「整体院エイト」では、美容・健康のみならず、

スポーツ選手に特化した体のメンテナスから技術指導も行っております。

 

気になりことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

 
整体院エイト
HTTP://SEITAI-EIGHT.COM
050-5243-4697
 
 
FACEBOOKページ
HTTPS://WWW.FACEBOOK.COM/SEITAIEIGHT/
 
 
潜在能力開放メソッドエイトマスターメソッドについて
HTTP://SEITAI-EIGHT.COM/EIGHTMASTERMETHOD/
LINE@はじめました

今後、当院のイベントやエイトマスターメソッドなどの情報を発信していきますので「友達」のご登録よろしくお願いします。

ご登録いただけました方は、一言メッセージをいただけますと当方にて確認ができるようになりますのでよろしくお願いします。