前屈の柔軟体操で腰痛対策 ~大阪 三国 腰痛根本改善 整体院エイト~

こんにちは

 

整体院エイト 院長の原です。

 

学生の頃の体力測定で、前屈の測定がありましたよね。

上半身を前に倒して、地面に付くかどうか計るやつです。

みなさんどうでしたか?

得意でしたか?苦手な方でしたか?

実は、あれをうまくやるコツがあるんで、紹介しますね。

 

 

半身の前屈をうまくやるコツ

前屈が得意な人と、苦手な人はどこが違うのでしょうか?

それは、それぞれ前屈をしているところを比べてみればよくわかります。

テレビなどで、体が柔らかい人が紹介されるときに、上半身をベチャ〜っと曲げますよね。

 

その場面を想像してください。

お尻を突き出すような形で、骨盤から前に倒れているということがわかります。

逆に、前屈が苦手な人は、骨盤から倒さず、腰を丸めて、腰から曲げようとします。

だから、曲がりにくいのです。

 

あなたはどうでしょうか?

もし、腰を丸めて体を曲げようとしているなら、腰を丸めるのではなく股関節を支点にし、

お尻を突き出すようにして、骨盤から前に倒すようにしてみてください。

前屈がしやすくなるはずです。

それでも前屈がしにくいなら

さて、これでもやりにくいという場合。

どうしても骨盤が前に倒れてくれない、という方は、骨盤が後ろに倒れています。

骨盤が後ろに倒れ、骨盤がゆがんだ状態で固まってしまっているので、前に倒そうとしても倒れないのです。

 

そんな方は、決まって椅子に座っているときは、腰を丸めて座っていると思います。

腰を丸めていると、骨盤は後ろへ倒れます。

その状態が続くと、骨盤が後ろに倒れたまま固まってしまうのです。

 

骨盤が後ろに倒れるとどうなるか。

腰は丸まった状態になり、腰の筋肉が引っ張られたまま、常に腰に負担がかかった状態になります。

すると、腰痛になりやすくなってしまいます。

骨盤を柔軟にして、腰痛対策

もしあなたが前屈がとても苦手で、腰痛にもお悩みでしたら、前屈の柔軟体操をしておくといいですよ。

骨盤や股関節が柔らかくなり、腰痛対策に効果があります。

なるべく腰を丸めずに、股関節を支点にして、骨盤から前に倒すように意識してください。

 

「整体院エイト」では、美容・健康のみならず、

スポーツ選手に特化した体のメンテナスから技術指導も行っております。

 

気になりことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

 
整体院エイト
HTTP://SEITAI-EIGHT.COM
050-5243-4697
 
 
FACEBOOKページ
HTTPS://WWW.FACEBOOK.COM/SEITAIEIGHT/
 
 
潜在能力開放メソッドエイトマスターメソッドについて
HTTP://SEITAI-EIGHT.COM/EIGHTMASTERMETHOD/
LINE@はじめました

今後、当院のイベントやエイトマスターメソッドなどの情報を発信していきますので「友達」のご登録よろしくお願いします。

ご登録いただけました方は、一言メッセージをいただけますと当方にて確認ができるようになりますのでよろしくお願いします。